カテゴリー「ヴィオラ・ダ・ガンバ」の6件の記事

秋の夜長はガンバと羊飼い

秋も深まり、夜長を如何に過ごさん…。
と問うまでもなく古楽器三昧。
定番のバロックリュートやヴィオラ・ダ・ガンバのみならず普段ご無沙汰のバロックギターなども楽器も膝に乗せる。
  しかし、つれなくしていた楽器程、その楽譜(タブラチュア)の解読に悩まされ、結局定番の楽器に回帰してしまう。そんな時は、どうしてもパァ~と気分転換ができる曲が弾きたくなる。う~ん、でもヴァイスの『不実な女』ではちょっと…と思いあぐねていたところ、先日この組曲に含まれているミュゼットを調べていて興味をもったニコラ・シェドヴィル(Nicolas Chedeville 1705~1782)なる人物を思い出した。

  彼は、フランス貴族(宮廷)の田園趣味に合わせ、このミュゼットという楽器の普及に尽力している。

Musette

この楽器の演奏家としても優れ、その作品どころか楽器も製作改良している精力家だが、音楽史においてはマイナーな存在である。
    だが、年季のはいったバロック音楽ファンなら、彼の曲を知らないはずがない。皆川達夫氏が担当し日本にバロック音楽を普及させたあの往年の名番組NHK-FM 『朝のバロック』のテーマ音楽が彼の作品なのである。

この曲は長年ヴィヴァルディ作曲の「ミュゼット(ヴィエール)、フルート、オーボエ、ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集『忠実な羊飼い(Il Pastor Fido)』Op.13」として親しまれていた。月~金曜日朝6時に流れるそのいかにも牧歌的なフルートの調べ(演奏者はランパルだったか?)は、その6曲からなるソナタ集第2番ハ長調の第1楽章プレリュードである。このソナタと最後の第6番ト短調のソナタはリコーダーでもよく演奏され、私も昔よく吹いていた。
  今では、ミュゼットを普及させんがため(あるいは一攫千金を夢見て)、有名なヴィヴァルディを語って1737年に彼が出版したことが判明している。いかにもうさん臭い話ではあるが、この2番のソナタの素朴な牧歌的な美しさには魅了される。
  久しぶりにこの曲の楽譜を探しだすが、今更リコーダーでもなかろうとヴィオラ・ダ・ガンバでトライしてみた。思った以上に豊かに響く上に、飾り気のない単純な旋律は何と弾きやすいことか。
  そこで、腰を据えてガンバ用に楽譜をおこしすことにした。ハ長調からヘ長調に移調して音域をあげることでより明るく演奏面でも容易にすることが出来た。

  懐かしの第1楽章 

Past_fido_1

  第4小節の後半は、こうでなくては…とランパル流?
う~ん、ガンバによく馴染みとても幸せ。

  第2楽章

Past_fido_2

これまた軽快。冒頭の音型(ボーイング)はバッハのカンタータのアリアにも見られる胸踊る喜びの表現。フレーズの繰り返しがいかにもヴィヴァルディらしい。

第3楽章 サラバンド

Past_fido_3

リコーダーでは、いま一つ表現しきれなかった息の長さが、ガンバでは味わい深く音をつなげることができる。美しさ再発見!

そして最後の第4楽章

Past_fido_4

単純な舞曲風で乗り乗りイケイケと思いきや、後半部はかなりエキサイト

Past_fido_4a

お~っ、唐突に現れる何と弾きがいのある16音符

Past_fido_4b

感極まったかのように飛び跳ねる。

こうした単純なフレーズの執拗な繰り返しはあのヴァイスのリュート曲にも通じるものがある。
   しばらく、このソナタにはまりそう。

  秋の夜長の癒しを見つけた藤兵衛であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンバの楽譜が届く

週明けの今日も空模様が怪しいため自転車通勤オアヅケ。
1時間超サービス残業。とうに同僚はそそくさと帰宅。自分が部屋の鍵締めと相成る。ストレスがさらに蓄積。

それでも7時前に帰宅したところ、日本郵便の「郵便物等お預かりのお知らせ」がポストに…1月程前にフランスに注文していた楽譜!確かユーロ安を見越してまとめ買いしたものだ(送料も馬鹿高いのでまとめ買いがお得)。

急ぎ支店(もはや郵便局とは言わないのか?)に再配達の連絡をする。受付担当の方の応対がどうもぎくしゃくしている。挙げ句のはてに「今日の配達受付は終了しています」とのつれない返事…おいおい手元の用紙には「夜間配達は当日午後七時まで受付」と書いてあるではないか!単なる勘違いで平謝りされたが、今問題になっているユーパックの配達遅延の煽りをくったのかも?

  待つこと2時間あまり。やっと手元に届く。

P1020943

焦る気持ちをおさえて包みをあける。

P1020945

今回はヴィオラ・ダ・ガンバ関係ばかり。BendaやLidl , kühnelなどマイナーな作曲家のものばかり(その筋(ガンバ界)ではメジューかも…)。 買いそびれていたHändelのソナタもギター伴奏付の「スペイン・カンカータ」と共にゲット。極めつけは、先日紹介したGhielmiのガンバ教則本(Paolo Biordiと共著)あわせて2巻(写真左上)。伊仏英語の序文以外、幸か不幸か解説はほとんどない…子供の頃習っていたピアノのバイエルとかツェルニー、ハノンの無味乾燥な教則本を思い出す。バッハなど色々な作曲家の多様な通奏低音などの引用も多いが、う~ん、やはり思った通り独学者向けではないな~。

今年の定演は、リュートでヴァイスのソナタを考えているのでガンバは程々にしないと…。

へんなストレスがたまらないよう一刻もはやく自転車に乗りたい藤兵衛であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日は梅雨空。心はガンバソナタ

いよいよ明日から関東も梅雨模様になりそう。

今日は朝一番にリカンベントで荒川CRに繰り出し走り溜めしてきた。

梅雨になるとガンバのガット弦が愚図りだので、今日は梅雨入り前の弾き納めを決め込む。
   手持ちのレパートリーをざっと弾き終えたものの物足りない。う~ん、何かないかなと思案。

そこで、先日触れたバッハのオルガンのトリオソナタを弾いてみたくなった。まずは一番お気に入りの第5番ハ長調BWV529あたりかな。…といっても手持ちのオリジナルのオルガン譜でガンバの演奏はちょっと厳しい。ガンバ用のパートをつくらねば。

  早速ネットからMIDI音源をゲットして、Finaleで変換し音符を整えて楽譜をおこす。とりあえず第3楽章をパート譜に取り出して弾いてみる。

Gbbwv529_3_1

冒頭部のフーガ主題は簡潔明瞭かつ流暢で、ガンバでも弾きやすい。
そして何よりも心うきうきするのが第2主題ともいえる次の音型。弾いていて気持ちが良い。

Gbbwv529_3_2

続けて弾いてみると、オクターブの移動をしなければならないところが多少あるが、確かにガンバソナタとしても面白いとの手応えを感じた。そのうち全6曲をガンバの楽譜に起してみよう。チェンバロをMIDIで演奏して伴奏も可能だ!お~何かやりがいがあるな!

バッハはやはり偉大だなと実感した藤兵衛であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒレ・パールのバッハの編曲ガンバソナタ全集

あった、あった。
バッハのオルガルのための6つのトリオソナタを全曲ヴィオラ・ダ・ガンバのためのソナタとして演奏しているのがこれ…。

Vdg_hp_cd1

演奏は才媛ヒレ・バールのガンバとチェンバロのシォルンシャイム…と思いきや彼女らの裏に男がいたのだ。

Vdg_hp_cd2_2

 表からは見えない解説の裏表紙の写真!

サンタナ(ロックギタリストのカルロス・サンタナとはもちろん別人)がバロックリュートで通奏低音を担当している。ガンバのヒレ女史とはコンビを組んで以前、こんなCDも出している。

Vdg_hp_cd3

う~ん。意味深…。

今回のバッハの録音は2009年、今回はアーチリュートでなくロココスタイルのバロックリュートか~。いや待てよ?ちょっと変だぞ。

…そもそも、

 バッハのオリジナルのヴィオラ・ダ・ガンバソナタ及び昨日紹介したオルガントリオソナタの編曲版は、チェンバロは右手で高音部(1stパート)、左手で低音部(バスパート)を受け持ち、中声部(2ndパート)をガンバが受け持ち、全体としてはトリオソナタの形を取りながらも、ガンバソナタとして性格を強めている。このバッハが用いた手法は、他の和音を補充する通奏低音楽器を伴わずにチェンバロのみで旋律楽器を支える近代的な独奏ソナタの先駆けでもあり、フルートやヴァイオリンソナタのいくつかにも採用されている。もし1stパートを何らかの旋律楽器に置き換えれば、バスパートはチェロなどの低音楽器で補強され、和声を補充するチェンバロやオルガン、テオルボなどの通奏低音楽器が要求される定番のトリオソナタのスタイルになってしまう。昨日紹介したオルガントリオソナタ第4番の原曲のカンタータBWV76シンフォニアを参照されたい。

 その事を踏まえると、リュートを加えたこのCDの演奏は、先程あげたバッハの意図を汲んでおらず、まさに蛇足であるとの誹りを免れない。余計な和音がチェンバロの右手の旋律を殺しており、カンタービレな第2楽章(緩徐楽章)はまだしも、和声的旋律が絡み合う速い楽章(例:第1番第1楽章の一節)では、

Bwv525_1p

リュートはかなり控えめなのだが(中途半端なら初めから加えない方がいいのに…)、やはりうるさくまとわりついて不快感すら感じる。

  それにしても、悪くも良くもヒレのガンバはとにかく元気だ。緩徐楽章もあっけらかんとしてサラリと流れていくようでいて何か落ち着きがない。おや?と思い原曲のオルガントリオソナタの楽譜とにらめっこ。

 謎が判明。パールは、ヴィオラ・ダ・ガンバのパートを頻繁に楽章ごとに入れ換えていたのだ。以下、ヴィオラ・ダ・ガンバがどのパートを弾いているか、ざっと分析した結果をあげてみる。

第1番変ホ長調BWV525
  第1楽章:1st
  第2楽章 前半部:1st・繰り返し:2nd
        後半部:2nd・繰り返し:1st
    第3楽章:2nd                              

第2番ハ短調BWV526
  第1楽章:2nd
  第2楽章:1st
  第3楽章:2nd

第3番ニ短調BWV527
  第1楽章:2nd
  第2楽章 前半部:2nd・繰り返し:1st
        後半部:1st・繰り返し:2nd
  第3楽章:1st

第4番ホ短調BWV528
  第1楽章:2nd
  第2楽章:1st
  第3楽章:1st

第5番ハ長調BWV529
  第1楽章:2nd
  第2楽章:2nd
  第3楽章:2nd

第6番ト長調BWV530
  第1楽章:1st
  第2楽章 前半部:1st・繰り返し:2nd
         後半部:2nd・繰り返し:1st
   第3楽章:1st

 こうして、全体を眺めると定石通り一貫して2ndパートを演奏しているのは第5番のみである。他の曲は、目まぐるしくパートを入れ換え、同じパターンは一つもない。意欲的ともとれるが、そうする必然性を見いだすことができない。音域が同じ楽器ならパートを入れ換えても余り違和感が生じないが、低音楽器で高音部パートで演奏することは音域的に無理や矛盾が生じる。それが落ち着きのない印象を与えていたのである。様式なんか気にしないお転婆的演奏と言えよう。

 冒頭にあげたマラン・マレのCDの方が、ヒレとサンタナはのびのびと本領発揮しており、面目躍如たるものがある…と付け加えておこう。

  頭の中がトリオソナタの旋律に染まってしまった藤兵衛であった。     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッハの編曲ヴィオラ・ダ・ガンバ ソナタ三昧の一日

今日は、先の土曜日の休日出張(ゆえあってクロスバイクで往復100㎞あまりの道行と相成った)の代休日。写真は出張先でとった風景。

Xx

   一日置いて出張の疲れはすっかり取れたので平日のサイクリングを決め込もうとしたが、昨日までとうってかわって朝からかんかん照りの夏が到来。紫外線も強そうなので今日はおとなしく(?)、自宅で久しぶりにヴィオラ・ダ・ガンバ三昧。バロック末期のエマヌエル・バッハのガンバ・ソナタの何と美しいことか…。でも速い楽章には歯が立たない(笑い)。

  ついでとは言ってはまことに失礼な話だが、この乗りで父親の大バッハのヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタを第1番から弾いてみる。音譜は細かいが盛期バロックの手法はやはりとっつきやすい。逆に息子の作品よりも緩楽章が難しい感じ…。身近にチェンバロの伴奏相手がいればさぞかし楽しいことか…あぁ~。

気を取り直して口直しにCDを聞くことにする。

何とまあ、大バッハのヴィオラ・ダ・ガンバソナタ集だけでもラックから数枚見つかった。その他にバッハ全集のものやどこかに紛れ込んでいるものもあるはずだ。
とりあえず見つけたものを、見渡しているうちに、あることに気がついた。どのCDも全3曲以外に「おまけ」がついているのである。
  もともとバッハのヴィオラ・ダ・ガンバ ソナタは、何らかのトリオソナタをヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロにバッハが編曲したものだとされる。事実、第1番にはフルート2本と通奏低音のヴァージョンが実在する(これも何らかの原曲からの編曲とする説がある)。

  そこで思いつくのが オルガンのための6つのトリオソナタ(BWV525~530)である。
興味深いことに、このトリオソナタのうち第4番ホ短調BWV528の第1楽章をバッハは教会カンタータ第76番のシンフォニアとして、オーボエ・ダモーレとヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音の形態で用いている(カンタータの方からトリオソナタに取り入れたらしい)。

Bwv76_sinfonia

   オリジナル3曲と同じくヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロで第4番ホ短調BWV528全楽章を演奏しているのがこのCDである。

Vdg_cd2

G.BalestracciのガンバとB.Rannouの演奏。

ガンバは第1楽章と同じく残り2楽章も2ndパートを受け持ち、オリジナルの曲と遜色なく自然に流れていく。とても渋くガンバの持ち味をうまく出している。全曲オーボエ・ダモーレとのトリオでも聴いてみたい。

そして、こちらは大御所、サヴァールとトン・コープマン。

Vdg_cd1

  「おまけ」は同じくオルガンのトリオソナタ第5番。
おまけにもかかわらずCDの冒頭で演奏される。第4番と銘うっており、最初は誤植かと思ったが、オリジナルの第1~3番に加わるべきシリーズと割り切ってのことだと知る。これも、先の例と同じように一貫して2ndを奏でる。2つの明るい急楽章と、それにはさまれた深い陰影を落した短調の第2楽章とのコントラストがヴィオラ・ダ・ガンバによってより明確になる。

 さらに、変わったところでは、フルートソナタやヴァイオリンソナタからの編曲である。いずれも前のものと同じくトリオソナタ的要素をもつ作品を吟味している。

まずは有名なフルートソナタロ短調BWV1030をアレンジしたもの、というよりも利用したもの。

Vdg_cd5

演奏はこれまた大物。 ガンバのマンソンとピノックのチェンバロ

この曲には、その前身の曲と想定されるト短調のチェンバロパート譜が残されている(BWV1030b)。その音域から一般にオーボエソナタとして演奏されることが多いが、古色蒼然とした響きからしてこれも、さらに古いトリオソナタにたどり着くという説がある。こうして聴くとヴィオラ・ダ・ガンバのソナタあるいはコンソート(合奏曲)の可能性も捨てがたい。このCDではオリジナルのこれまた渋い第3番ト短調BWV1029(確かタヴァナー・コンソートがヴィオラ・ダ・ガンバを中心とする協奏曲に復原したCDを出していたっけ…)を冒頭に置き、「おまけ」のこの曲を最後に演奏することによって意味深長さを増す。

  その次は、「おまけ」にフルートソナタBWV1019からの編曲がついたこれ…。

Vdg_cd3_2

ガンバはJ.M. Quintana   C.Frischのチェンバロ

  この「おまけ」の原曲は、バッハのフルートソナータ中、チェンバロソロをふくむ異色の5楽章形式。しかも、カンタータBWV120のアリアに転用した楽章やチェンバロパルティータ第6番BWV830のクーラントやガヴォットに転用された楽章をふくんだものを含めいくつかの異稿が存在する試行錯誤を繰り返した特異な曲である。さすがにバッハがヴィオラ・ダ・ガンバを想定していたとは言い難いが、聴いてみると、これもありかなと思えて中々面白い。

  ラストは、「おまけ」てんこ盛りなこれ。

Vdg_cd4_2

演奏者は写真参照 …もう投げやり状態(笑い)…ウムラウトめんどくさいし…。

  バッハのオルガン曲に偽作(他者の作品の編曲)と思われる単楽章のトリオがいくつかある(BWV583~586)。そのうちオリジナルの可能性もあるニ短調BWV583と、カンタータBWV166の第2曲のアリアを後世の何者かが編曲したと思われるBWV584がガンバとチェンバロで演奏される。加えてチェンバロソロで、チェンバロ用のソナタイ短調BWV967(偽作?)と同ソナタニ長調BWV965が挿入されている。後者はバッハ初期の作品。最終楽章に「めんどりの鳴き声をまねた主題」が使われているが、後年のバッハらしさ?は微塵もない軽いのり。いずれにせよ(オリジナル曲ですら)滅多に聴けない珍品「おまけ」で誘惑(お願い買って!)といったところか? 私もまんまと乗せられたわけだ(笑い)。

   おっと、ここで思い出した!オルガン・トリオソナタ全6曲をヴィオラ・ダ・ガンバで演奏したCDを買っていたはずだ。といっても ラックから探し出すのも、久しぶりの音楽ネタでくたびれたので今日は打ち止め…真打ち登場は日を改めてということで…。

   「おまけ」が主役で本体のチョコが捨てられてしまうという悲劇的なお菓子を思い出した藤兵衛であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレマンのソナタの通奏低音に挑戦

 先日、今年の9月に行われる定期演奏会のアンサンブルの初練習。
去年に引き続き二回目のヴィオラ・ダ・ガンバで通奏低音。

曲目はテレマンのリコーダーソナタハ長調。

Tel_sonata01

前回は初心者のくせに気軽に引き受けて足を引っ張りまくり。

相棒のフルート奏者(リコーダ担当)の方から、今年はお呼びがないと思っていたら、転勤して忙しいそうと気づかって下さったのこと。

 楽しみにしていたので心配ご無用とお頼みして楽譜を送っていただいたのが初あわせの直前…。結局、仕事にかまけて一度も楽器を手することもできず、全くの初見での初あわせとなった。

ご覧のように、全楽章を通じてとてもシンプルなので何とか全曲を通すことができた。
難所は第4楽章Vivace !の終結部。前半、後半部同じ音型…。

Tel_sonata04

  リズムだけは取り繕えたが細部はアバウト…。相棒からは「チェンバロでごまかせるから1拍と3拍だけでいいよ」と言われたが、意地でも完璧に仕上げたい。

 何としても期待に応えたいと誓う藤兵衛であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)