« 熊谷市周辺の突風被害続報 | トップページ | 保坂晶油絵展ご案内 »

熊谷市周辺 竜巻 続報2

今朝の新聞は、熊谷地方気象庁の詳しい分析結果を報道している。
なんと!9月16日の台風到達の半日近く前に、熊谷市・行田市で4つの竜巻が発生していたとのことだ。私が指摘したことだが…、ほぼ半日たって、奇しくも台風の中心が、この一帯を通過したことについては全く触れられていない…大きな2次的被害がなかったことなので取るに話題ということで安堵している。

Tr413916_2

 今まで、自分で収集した被災地区を色分けして、地図上に4つの竜巻のコースを図示してみた。コースを線や枠で表すことも考えたが、憶測で描くとあらぬ誤解や迷惑をかけるため、見づらいことは承知でこのような形にした。
   注:地名の表記は、
正確な位置及び被害のあった場所を示したものではなくあくまでもイメージであり、私が知り得えぬ被害地区がもれていた場合はどうかご容赦の程を…。※追記:早朝、あわてて作成した暫定板を掲載したが、誤記もあり差し替えたので悪しからず…

  • ① 午前1時半頃発生 約200m幅で滑川町福田から熊谷市東別府まで13km程北上
  • ② 午前2時頃発生   約300m幅で熊谷市四方寺から群馬県太田市高林まで8km程北上
  • ③  午前2時半頃発生 約150m幅で行田市馬見塚から同市南河原まで3km程北上
  • ④  午前2時40分頃発生 約200m幅で行田市和田から同市北河原まで3km程北上

       強さは、①②③は風速33~49mのF1クラス 
                        ④は風速17~32mのF0クラス

熊谷地方気象台では、密集し複数が短時間で発生することは珍しいケースと解説している。夏場の雷雲による発生と比べれば、確率的には極めてまれなことかもしれないが、近年こうした異常な気象現象がおこる頻度が高まっているのは間違いない。夏の越谷市の竜巻被害もあり(何とバロックリュートを製作して頂いた奥清秀さんの旧工房の近隣の出来事!)、とても他人事ではいられない。今のところ、建物の被害は以下の通り(9/18読売新聞朝刊埼玉県北版の数字)

  • 全壊26棟、半壊30棟ともに熊谷市
  • 一部倒壊485棟(そのうち熊谷市381棟、行田市66棟、滑川町13棟)

   大きな人的被害なかったのは幸いであるが、避難所などに待機を余儀なくされている方も多い。また、農業被害は現段階では計り知れない。ともあれ、被災された方々がいかに日常生活に戻れるかが課題である。高校生をはじめとしてとボランティア活動が始まっているが、私としては、こうして被害した地域を記録に残してきくことで何かしら役に立てればと思い記事を書いた次第である。

  被災された方々が一刻も早く日常に戻れることを祈る藤兵衛である。

|

« 熊谷市周辺の突風被害続報 | トップページ | 保坂晶油絵展ご案内 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517741/58223264

この記事へのトラックバック一覧です: 熊谷市周辺 竜巻 続報2:

« 熊谷市周辺の突風被害続報 | トップページ | 保坂晶油絵展ご案内 »