« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の5件の記事

年末総決算その3 BR-1 ハブダイナモ換装&ライトアップ

さて、最後の「BE・ALL BR-1」 のメジャーカスタマイズ。

前輪ハブダイナモを換装。
もともとBR-1のホイールALFINE WH-S501は 内装8段ハブ組み込みの後輪ホイールと、後輪と同じく特別あつらいの形状のALFINEハブダイモ DH-S500? が組まれた前輪ホイールがセットになっている。

P1060313

またライトはシマノのハブダイナモ用のLP-R600が備わっていた。ハンドル周りが色々にぎやかなのでこの位置に取り付け直している。
または最初からこんなものという思い込みと慣れの問題からかハブダイナモの走行に与える負荷というものはほとんど気にすることなく、始終発電することによってランプのスモールLEDが昼間には自車の存在を知らしめ安全性も向上するなどこんな便利な道具はないと思っていた。しかし、肝心のランプの照度が極めて低く、電池式のライトがないと暗い田舎の夜道はおぼつかない。ハブダイナモの真価を発揮していないもどかさしい消化不良状態でペダルを踏むのはストレスとなる。

   そのランプが今年の夏の晩が突然切れる。どうせ交換するなら明るさアップということで、考えたのが今流行りのLED電球。早速ネットで検索すると手頃なものが…

P1050451

ハブダイナモのケースに 定格6V-3Wの表示があるので7.2Vのこれは余裕があるので胸膨らむ。

P1060312

すぐさま交換作業、ライトを分解。

P1050456_2

P1050461

LED電球の径がちょっと太いため反射鏡の穴をタガネでぐりぐり広げ無事交換取り付け完了。前輪手回しで点灯を確認。おお~うそのように明るい。P1050468

片手で車輪回しての撮影なのでブレブレ

喜々として翌日の帰宅時にその効果を確認…格段に明るい。「やった~!これは使えるぞ!」と調子に乗って速度をあげたとたんお先真っ暗…まさかの玉切れ…。LEDは電圧(電流)をあげすぎると壊れやすいとは知っていたが…一瞬にして2400円が飛んで行ってしまった。

原因を調べてみると、ハブダイナモの取り扱い説明書に「ランプ点灯時での走行速度域が高い場合、電球の寿命が短くなることがあります。」とある…う~っ、メーカーは確信犯。だが、自分自身が次の項目「ドイツ道路交通法(StVZO)では、ドイツ国内のダイナモについて、過電圧保護を必要としています。本製品には、過電圧保護機能は含まれていません。ドイツ国内で使用する場合は、ドイツ道路交通法(StVZO)の認証マークが表示されている、外付けの過電圧保護ユニット(シマノ製SM-DH10や同様の過電圧保護機能を有する製品)をご使用ください。」を甘く見ていたことが判明した。このハブダイナモというよりか日本ではおしなべて電圧を一定に供給しない仕様が標準ということを知る。ということは、スピードが上がれば比例して電圧も上がるというどうしようもない理屈なのである。試しに、タイヤを空回りさせてテスターで電圧を測定する。目一杯回したところ何と電圧は10Vオーバー!これでは一発KOは当然の理。なるほど速度が出ないという前提でシティサイクル用には6.0V-3.0Wの電球を使用していたのか。慮るにスポーツ車対応のLP-R600の電球は9.6V-5.0Wと余裕をもたせていた訳だが、のんびり走っている時、ライトが暗かったのは電圧が低いせいと合点するが後の祭り。何といい加減な仕様!道理でこのライトが市場から消えた理由も見えてきた。あ~腹立たしい。6V-3Wの表示を信じた私が何よりも馬鹿だった。まあ~自分は普段夜間は安全上飛ばさないのを心がけていたので何とか玉切れせずに済んでいたのだが、山道を通勤している人が家路を急ぐあまり、この仕様のせいで不測の事態に陥ったらどうなるのであろう…空恐ろしい。

 悔しがっていてもしょうがないので、先の説明書きにある「外付けの過電圧保護ユニット(シマノ製SM-DH10や同様の過電圧保護機能を有する製品)」なるものをネットで探してみた。しかし、ヒットするのはなぜかヨーロッパ圏のサイト ばかり。なぜゆえに国内では無いの?つまり、ハブダイナモに対する関心の温度差があるわけである。日本(アメリカも?)のメーカーやユーザーの自転車の安全についての意識の低さに改めて驚かされる。たかが自転車というわけさ。シマノも厳しいドイツの安全基準を満たすために、過電圧保護ユニットを渋々用意したのが目に浮かぶ。ところが、ドイツでは国や業界が安全基準を示しメーカーはコストをかけて安全堅牢な製品を造り、ユーザーは納得して価格を惜しまず安全を買う。まさにドイツ人気質を垣間見る。
 興味本位でドイツのドレスデンのショップから取り寄せる。なぜドレスデンからだって?言うまでもなくバロックリュートの大家ヴァイスの活躍の地にあやかっての事。10数日で到着。

これがシマノ製SM-DH10

P1060468

 手にとってびっくり。値段は800円程度なのはいいのだが、こんなにかさばるとは思わなかった。案の定説明書には日本語の解説が無い。どうやらテールランプ用に利用するためこのような形状をしていることがわかった。ハブダイナモに接続して電圧測定すると何とか6Vを維持するようだ。しかし、自転車に取り付けるには場所やコードの接続に難があるし、何よりも一度失った信頼は取り戻せない。一緒に注文したドイツBush & Muller社製の最新のLEDヘッド・ランプ「LUMOTEC IQ Cyo-T LED Senso Plus 」を取り付けるには二の足を踏む。

Luomoiqrt

・照度:60LUX         ・IQ-tecシステム     ・リフレクター
・オートライト機能     ・LIGHT24システム      
・スタンドライト機能   ・ダイナモスイッチ
…というシマノ製ライトでは考えられないスペック   

どうせならこのライト推奨のドイツのSchmidts(シュミット)社製のハブダイナモを導入しようと心に決める。

  ネットで検索。このライトも国内では非常に高いが、ヨーロッパ圏ではとても格安。物色の結局イギリスのショップから 「Schmidts Hub Dynamo SON deluxe」 のブラックを購入。

M1148

ついでにBD-1用にとシルバーも注文。なんせ国際便の送料は高いのでまとめ買い。それとライトのとりつけアダプターもそのショップは取り揃え豊富だったのでいくつかチョイス。

待つこと10日ほど、荷物追跡サービスによるとそのうち税関通過に4日程かかった。何かに形状が似ているせい?手元に届くやいなや、ホイール組みを依頼…待つこと一週間。

P1060320

手前がSchmidts(シュミット)社製。チャッチャッと換装…シマノさんお疲れさま。

P1060315

新旧の比較。

前のライトは、テールランプ用の回線を利用して昼間スモールライト用にそのまま利用。このハブダイナモの以前のモデルは、昔のドイツ軍の戦車みたいに無骨だったが、球体部分はテニスボールまたはみかん程の大きさでかわいらしくなった。まさに日本人好み?なので普及してほしいな~。

ライト装着

P1060360

取り寄せたアダプターでVブレーキの台座にセッティング。ここでも便利グッズが活躍

Akwld_027240_m

AKIWORLD製 V-BRAKE LIGHT BRACKET(Vブレーキライトブラケット)

使用していないVブレーキ台座を有効活用できる優れ物。

え~と。大晦日の晩餐が始まるのでとりあえずおしまい

 校正もそっちのけ藤兵衛であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年末総決算その2 BR-1 ALFINE内装11段化

ついに「BE・ALL BR-1」のAlfine内装8段を11段化決行。

すでにリカンベント 「Lynxx(山猫君)」に導入したが、本当は通勤という日常つかいのこのバイクに一番に導入したいところ。しかし、8段自体街乗りでは十分であることと、後継のシマノ純正完組ホイールの開発市販を期待して見合わせていたのである。
 そのホイールに組まれた内装8段ハブ。

P1060456

WH-S501とあるように本来のパブ単体のSG-S501と型番がちがう。スポーク数はSG-501のスポーク数32本に対し24本、しかも取り付け部分は特殊な形状となっている。つまりスポーティ使用の特別パージョンなのである。一昨年内装11段ハブSG-S701の発売がアナウンスされて以来、WH-S501の後継の完組ホイール(推定型番WH-S701)の発表を心待ちにしていた。しかし、今年になってもその気配がないのを見極めて今回の換装を決断下次第である。

11月中旬、内装11段ハブSG-S701とともにホイール組を発注し月末に届いた。意外に格安…何故?まあいいか

P1060339

右がそれ。 ディスクブレーキのローターも旧型と違って任意のものが装着できる。

取り外された8段さん、お疲れさま。

P1060341

早速、換装作業。手慣れたもんでチャッチャッと済ます。

P1060347

シフトレバーも違和感なく換装終了。11の数字が誇らしげ。

これで完了と思いきや、もう一つの課題が…う~ん重い。
取り付けたスプロケットのギア比に難。
  マニュアルによると「フロントとのチェーンリング のギヤ比は約1.9」を推奨している。元々のBR-1の クランクセットのFC-S500フロントチェーンホイールのギア歯数は45TでありALFINE純正の18Tおよび20Tのスプロケットにはマッチしないのである。 シマノのNEXUSのスプロケットに23Tがあるが、互換可能といわれるものの日常使いには心もとないし、しか現在入手困難。さらにFC-S500はチェーンラインも42.7mmとこれまた特殊。う~んそうなれば…

P1060422

FC-S500の39Tバージョンを取り寄せる(写真右)。数枚落ちるだけでこんなにも小さくなの?退色もすごい…。それでも純正20Tのスプロケットとの組み合わせで相性ピッタリとなるはず。お~っ、ヨーロッパから取り寄せたにも関わらずものの国内よりも驚くほど格安。先程ユーロが100円を割ったという速報があったが…。

P1060418

チャッチャッと換装。

P1060425

完成した姿。見かけは変わらず期待通りのギア比をえられてワイドなギアチェンジを体感できることと相成った。しかし、シマノさん画期的な新製品だすならそれに対応したオプションも同時に開発してほしい。

 たかが3段されど3段増すことの意味を自問自答する藤兵衛であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末総決算その1 BR-1 ブルホーン化 

今日は大掃除が一段落。
年賀状も今朝だしたし、さぼり続けていた記事の整理のゆとりができた。

まずは 「通勤バイク快適化プロジェクト」

う~ん、これは飽くなき欲望ともいえるかな。

 一つ目は、なんといっても通勤メインバイクの「BE・ALL BR-1」

フロントサス化、ドロハン化などのメジャーカスタマイズの他、まっくろくろすけダースベイダ化などマイナーなものは数知れず。このままだともう一台買えてしまうぐらいの投資になってしまう。ここら辺で区切りをつけるべく、2大カスタマイズに挑んだ次第。

 まずは、安く手っとり早いところから。時はたしか10月中頃…。P1050754

 え~と、ドロップハンドルにしたものの、通勤で下ハンドル握ることないのに気がついた。
…てなわけで、以前から興味を持っていたこれを取り寄せる。

P1050783

 そう…ブルホーン型のハンドルバー JD Tranz X JD-RA07 アルミ製
サイズ400mm クランプ径26.0mm グリップ部外径23.8mm リーチ165mm

価格は1800円ほど

早速交換作業開始

P1050781

ドロップハンドルさんお疲れさま。

P1050784

牛の角の気分味わうためかなりとんがって装着…あとでゆっくりベストポジション取りと決め込む。

P1050789

ブレーキやケーブル類は使い回し。補助ブレーキもそのままつけちゃえ!便利だし…。

P1050798

シフターの装着システムとRixen&Kaulのフロントバック装着アダプターもそのまま導入。
ブレーキのアウターの取り回しと長さ調整に手間取る。テープを巻いてバーに沿わせる。

P1050799

バーテープも使い回す。
GIZA PRODUCTS(ギザ プロダクツ)のバーテープ ストッパーを新たに導入 。これは粘着テープとは違ってしっかり端を抑えて見た目も便利。見た目もすっきり。

P1050814

 先端部に使用しない手はないぞ!…案の定、ご覧のようにクールに仕上がった。

P1050813

 一丁できあがり。今回のカスタマイズ…飲み会一回にも満たない費用ですんだ。

 バックミラーも屹立しまさに無骨なスタイルと相成ったが、ゆるい前傾姿勢がとれブレーキレバーも自然に握れるようになり通勤の快適さ増すこと請け合い。

あとは前述したようにハンドルバーの角度の調整…

気長に試行錯誤を楽しんだ藤兵衛であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出張でリフレッシュできたなら…続

前回紹介したピラミッド風の遺跡は兵庫県神戸市垂水区の五色塚古墳。

P1050921

時間が限られるきる中、訪れる直前に乗り換えた明石駅で憧れの「たこ飯」を堪能。
五色塚古墳墳丘での景観。

P1050988

瀬戸内海と淡路島が一望できる。古墳に葬られた人物がうらやましい。

P1050990

明石海峡大橋。あの橋渡って自転車で淡路島一周してみたくなった。

その時はまず明石の蛸や鯛で一杯やってから望みたいと想う藤兵衛であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出張でリフレッシュできたなら…

先月末一週間近い出張。
その合間をぬって休憩昼食がてら訪れたのがここ。

P1050950

う~ん。妖しい雲がたちこめる。異次元の扉が今開かれんとする。

P1050977

惹かれるがごとく頂上を究めんとする…。

ピラミッドパワーをまとって帰宅するはずの藤兵衛であった。

兵庫県神戸市五色塚古墳にて

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »