« リカンベントOSS改造~2 | トップページ | リカンベントOSS改造~4 »

リカンベントOSS改造~3

いよいよ換装作業。
まずは、ハンドルからグリッブ、ブレーキや変速レバーを取りはずす。

そして、ハンドルと前輪をつなぐロッドの取り外し。

P1040496

前輪フォークの背に装着されている取付金具に連結されたロッド先端のジョイントのボルトをはずす。

P1040497

ロッドの反対側すなわちハンドル部分は、ハンドル本体ごと取りはずした。かなり長いボルトでフレームにしっかり取り付けられている。
  次は新たなハンドルをつけるための準備。

P1040502

フロントフォークのヘッドキャップもネジをボルトをはずすだけ。突き出ている金具はサイクルコンピュータ取付アダプタの台座。フォークのコラムを固定しているパーツもボルトを緩めるだけ。てなわけで、その1で紹介していた通りハンドルの試着はとても容易だった次第。
そこですかさず、ハンドルを装着。

P1040505

今回は、ハンドル取付部分のボルトをしっかり締める。ご覧の通り、ハンドルは前後に可動する仕組みになっている。

P1040513

トルクレンチが必要かも知れないが、推奨データーが無いので勘に頼るしかない。
ヘッドキャップも取り付けて程なく出来上がり。しかし、サイルクルコンピューター用の台座金具は、ハンドルがかぶさってしまうため無用の長物となりその後、改めて取り除くはめに…。
取りはずしたパーツたち。その他にフロント変速機のシフトレバーやワイヤーのアウターそしてグリップなどがある。

P1040509

こうして見るとハンドルとロッドの連結のしくみがよくわかる。
このハンドルはしばらくお休み願おう。ご苦労さま。

というのは、今までの作業とは比較にならない面倒な作業が待ちかまえており、気軽にハンドルの着脱換装(元に戻す)はとても難儀なのである。次回はその話…。

去年の話がなかなか紹介できないで恐縮する藤兵衛であった。

|

« リカンベントOSS改造~2 | トップページ | リカンベントOSS改造~4 »

自転車散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517741/50559488

この記事へのトラックバック一覧です: リカンベントOSS改造~3:

« リカンベントOSS改造~2 | トップページ | リカンベントOSS改造~4 »