« ソーラーシステム崩壊 | トップページ | 散らぬ間に »

それぞれの春。

  ソーラーシステム(太陽光発電)が故障してモジュールが取りはずされてから(なんだか宇宙旅行SFみたい)、月が変わり幾度かの降雨に恵まれた。パネルと屋根の間に10年来積もり積もったホコリはそう簡単には流れない。それでも瓦の地肌が少しずつ現れる。

P1020548

  我が家を新築した時にお祝いにもらって植えた桜の苗木も同じ数の年輪を加え段々さまになってきた。う~ん、そういえば、一度もそれといった手入れはしたことないな~(毛虫退治くらいか)。来年にむけて研究してみようかしらん。

  他方、残念なことも…。

  昨年、初めて巣立ちを見届けた我が家の車庫に営巣されたツバメの巣が落下し粉々になってしまったのである。

P1020544

  自転車通勤にかまけていたので、巣の残骸を発見したのは最近のこと。先月けっこう揺れた地震に見舞われた際に被害を受けたのかもしれない。数日前、車庫内を飛び回る巣の主らしいツバメを見かけたが消息が気になる。

  転勤して2年目、4月から希望の部署に転属でき仕事に追いまくられるという嬉しい?悲鳴をあげる毎日が続き、今年は自転車による桜名所巡りが思うようにいかない。明日は早速休日出勤。

この週末そろそろ散りはじめる。あ~気も漫ろ。

  今年もまた 「世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」
…の歌にしみじみ感じ入る藤兵衛であった。

|

« ソーラーシステム崩壊 | トップページ | 散らぬ間に »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517741/48040114

この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの春。:

« ソーラーシステム崩壊 | トップページ | 散らぬ間に »