« ホマドリーム菅原潤さんのご冥福お祈りいたします。 | トップページ | クロスバイクBE-ALL BR-1ドロップハンドル化顛末記 »

発作に襲われる

しばらくブログから遠ざかっていた。

冬眠していたわけではない。

 

仕事が忙しいのはいつものこと。奥清秀さんの新しいリュートに首ったけで書くより弾きまくりの日々を送っていたが、ある日思わぬ発作に襲われたのだ。

   今年になってから寒い日が続くのにも関わらず自転車通勤を続けたのがいけなかった。

 厚いグロープをはめてハンドルを握っているうちフラットバーにあてている手のひらがやたらにしびれる。バーエンドに握り変えてみるがしっくりこない。そこでかねてからハンドルの長さが気になっていたので思い切って両端を3㎝程切り落して見たところ驚くほど具合が良くなる。う~ん、ならば、どうせなら…といつもの悪い病気が発作的に…という次第。

  何度かに渡る手術の結果、生まれ変わったわが通勤用クロスバイクBE-ALL BR-1。

P1020249

禁断のフロントサス化に飽き足らずついにドロップハンドル化!

  通勤には危なかろうと敢えてフラットバー(クロスバイク)を選んだのに…何やっているんだか…と自分でもあきれている。 

詳細を語るには変な熱にとり憑かれた病み上がりの自分を癒してから…。いまだ心臓がドキドキしている。明日はこの仕様で初通勤の予定。

下記は手術前の姿。思わぬ移植を必要とした難手術であった。

P1010660

そういえば、購入したてのノーマルの姿の写真はとっていない藤兵衛であった。

|

« ホマドリーム菅原潤さんのご冥福お祈りいたします。 | トップページ | クロスバイクBE-ALL BR-1ドロップハンドル化顛末記 »

自転車散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517741/47380715

この記事へのトラックバック一覧です: 発作に襲われる:

« ホマドリーム菅原潤さんのご冥福お祈りいたします。 | トップページ | クロスバイクBE-ALL BR-1ドロップハンドル化顛末記 »