« 奥さんのリュート完成間近 | トップページ | 出張から帰る »

テレマンのソナタの通奏低音に挑戦

 先日、今年の9月に行われる定期演奏会のアンサンブルの初練習。
去年に引き続き二回目のヴィオラ・ダ・ガンバで通奏低音。

曲目はテレマンのリコーダーソナタハ長調。

Tel_sonata01

前回は初心者のくせに気軽に引き受けて足を引っ張りまくり。

相棒のフルート奏者(リコーダ担当)の方から、今年はお呼びがないと思っていたら、転勤して忙しいそうと気づかって下さったのこと。

 楽しみにしていたので心配ご無用とお頼みして楽譜を送っていただいたのが初あわせの直前…。結局、仕事にかまけて一度も楽器を手することもできず、全くの初見での初あわせとなった。

ご覧のように、全楽章を通じてとてもシンプルなので何とか全曲を通すことができた。
難所は第4楽章Vivace !の終結部。前半、後半部同じ音型…。

Tel_sonata04

  リズムだけは取り繕えたが細部はアバウト…。相棒からは「チェンバロでごまかせるから1拍と3拍だけでいいよ」と言われたが、意地でも完璧に仕上げたい。

 何としても期待に応えたいと誓う藤兵衛であった。

|

« 奥さんのリュート完成間近 | トップページ | 出張から帰る »

ヴィオラ・ダ・ガンバ」カテゴリの記事

コメント

テレマン、すごいパッセージですね。
弾き方の一案です。
ソソラシソレソ
真ん中の「ソラシ」だけにスラーがかかっているようですが、
次のソまでスラーを伸ばし
ソ「ソラシソ」レソ 「」内をスラー。
として、ソラシを3e弦上で押さえる。次のレは左手の人差し指を戻さなくてはなりませんが、昼休みにちょっと試してみた限りではこれで行けるのではないかと・・。

投稿: 田舎のガンバ弾き | 2009年7月27日 (月) 14時39分

アドヴァイスありがとうございます。今夜は出張の準備に追われていますので出張から帰ったらトライしてみます。
こういったアンサンブルは楽しいですが、責任重大ですね。頑張ります。

投稿: 藤兵衛 | 2009年7月27日 (月) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517741/45750841

この記事へのトラックバック一覧です: テレマンのソナタの通奏低音に挑戦:

« 奥さんのリュート完成間近 | トップページ | 出張から帰る »