« ロバの王子に遭遇 | トップページ | ヤマネコ復活なるも物忘れ? »

年も押し詰まり…右往左往。

今日は所謂「仕事納め」
午前中やり残した仕事を一通り仕上げて、机周りを片づける。午後は手持ちぶさた…。ノルマを終えて帰宅する同僚を尻目に自分は居残りの当番日(しかも明日はとどめの休日出勤のおまけ付き)。一人寂しく職場の仕事部屋の明かりを落し家路につく。そして改めて身なりをただして職場の同僚のご母堂の通夜に馳せ参じた。今年は職場に不幸が続いた。先日触れた最近の出来事がもっともつらい。一人グラスを傾け物思いにふけることが多くなりブログも手つかず状態。…こんな時こそ自転車と楽器が癒してくれるはず…。
  ところが先日の日曜、「ヤマネコ君」が満を持して初進出した熊谷市の「熊谷スポーツ文化公園」にて

P1000723

 同公園のシンポル「熊谷ドーム」 を背にたたずむ愛車 OPTIMA LYNXXこの後襲いくる悲劇を知る由も無い。

思わぬトラブルが発生。何とリアディレイラー(後輪の変速機)が根元からポッキリ、しかも先端のプーリー(歯車)も欠けている。まさにアキレス腱が切れた状態で文字通りお手上げ。携帯していた工具でチェーンを切って取り外すしか術が無い重症。なにしろリカンベントのチェーンは長大で自転車を押して転がすには持て余す…。自転車屋さんに転がりこんでもすぐに埒が明かないと判断…どこにあるのか見当もつかないし…sweat01

P1000728_3

タクシーを呼んでいったん帰宅し自動車で取って返し自転車を回収する手もあったが、なんせ新車でただでさえ目だつリカンベントを一時といえども放置するのも偲びがたく、10数㎞の道のりを押して帰る意を固めて国道17号熊谷パイパスの歩道をとぼとぼ歩きだす。幸いにも途中何とか近隣に住む妹に携帯電話で連絡がとれ自転車ごと自動車で拾ってもらえた。ところが「ただで問屋は卸さない」とはよく言ったものだ。途中のスーパーで妹の家族の夕食の食材(ビール半ダース付き)をおごらされる。結局タクシー代に相当する出費となったcoldsweats01。帰宅後、購入したショップ リカンベント&折畳み自転車専門店『LORO SETAGAYA(ローロ セタガヤ)』 さんに連絡をとる。明らかに部品の欠陥(メーカーの責任)であるのに親切な応対に恐縮する。早速代わりの部品を他の支店から取り寄せていただけることとなった。チェーンも事故現場で自分で切ったし…リアディレイラーの交換なんて!…未知の体験は今からワクワク…眠っていた理系の血が騒ぐ。それまでは自転車散歩はおあずけ…happy01

 …といったタイミングで「HMV」さんから数ヶ月前に発注していたCDを発送したとのメールが届く。ありゃ。どんなブツだっけと「HMV」のHPで確認する。あれあれ、奇跡だ~。存在しないはずのゼレンカの肖像画が載っているではないか。事実ならヴァイラウフのプレリュード出現 同様の椿事だ!しかし、一目でかのフックスの肖像画であると気がつく。(→2008/8/9の記事参照) レピュー欄を利用して「HMV」さんに連絡を入れる。翌日には当の肖像画は削除されていた。あ~あ安堵。このままではゼレンカの師匠のフックス先生も浮かばれない。誤った情報がこれ以上流布しないよう掲載されていた画像をあえて掲載する。

0000000000345981

ゼレンカの肖像   J.J.フックス(Johann Joseph Fux 1660-1741)

いずれにせよ、やっと届いたゼレンカの「トリオソナタ集」

Zelenka_t_sonatas_2

はホリガー以外の演奏のCDは初めてである。Made in Czechという触れ込みで買ったのだが…年末か年始でじっくり耳を傾けたい。また楽しみが増えた。

う~ん、あと何か大切なものを忘れている気がするぞ…thinksweat02。「バッハとリュート」シリーズも書きかけだし…。

すっかり年忘れしてしまっている藤兵衛であった。

|

« ロバの王子に遭遇 | トップページ | ヤマネコ復活なるも物忘れ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517741/43538259

この記事へのトラックバック一覧です: 年も押し詰まり…右往左往。:

« ロバの王子に遭遇 | トップページ | ヤマネコ復活なるも物忘れ? »