« バッハとリュートあれこれ(11)~バッハはいつリュート作品を作曲したのか? | トップページ | 藤兵衛、幻日に遭遇する。 »

藤兵衛、忘れたころにピアノを弾く

 先日の記事を書いていたら無性にバッハのBWV825~830『クラヴィーア練習曲』第1部のパルティータのことが気になりだした。思いが募って楽譜を探し出し、
Klavw_5_2
(手にしたのはベーレンライター原典版ではなく慣れ親しんだこれ…なんといっも実用譜)

久しぶりにピアノの蓋を開けた。

 う~ん…何ヶ月いや何シーズン?ぶり…。調律がかなりあやしく鍵盤の戻りが一部おかしい。かなりほったらかしにしていた証拠だ。気を取り直して取りあえずお気に入りの第1番の変ロ長調の前奏曲から弾き始める。つっかえつっかえ…尤もまともに弾いたことも無いのだが…やはりバッハは弾きがいがある。

 第2番ハ短調のシンフォニアまでなんかとたどり着いたところで、なまくら指が悲鳴をあげる。後はつまみ食い。同じく第2番サラバンド、第4番ニ長調アルマンド、クーラント、ジーグの前半部をかじりまくる。ついに第6番ホ短調クーラント前半部の32分音符のアルペジオ部分で指がつる。まだ、弾きたい曲もあるのに…時計をみたら結構な時間。後遺症でリュートが弾けなくなっても困るので、後ろ髪を弾かれる引かれるも、ピアノの蓋を閉じてお開き?と相成る。

 あ~、第3番のクーラントとあれも忘れていた~…となんとも未練がましい藤兵衛であった。

|

« バッハとリュートあれこれ(11)~バッハはいつリュート作品を作曲したのか? | トップページ | 藤兵衛、幻日に遭遇する。 »

バッハ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517741/43157690

この記事へのトラックバック一覧です: 藤兵衛、忘れたころにピアノを弾く:

« バッハとリュートあれこれ(11)~バッハはいつリュート作品を作曲したのか? | トップページ | 藤兵衛、幻日に遭遇する。 »