« バッハとリュートあれこれ(4)~新バッハ全集とリュート曲 | トップページ | バッハとリュートあれこれ(5)~ギターとバッハのリュート曲雑感 »

秋深し、藤兵衛俳句を詠み洗車する?

天気予報だと昼頃から曇りとのこと。
 先日来の犬難のこともあり日の出を合図の時間差朝駆けbicycleと相成る。
さすがに例の困った飼い主たちの姿はなくホッとする。「さきたま緑道」では早朝にもかかわらず自転車を闊歩する人々の群れ。犬に追われ情けない大声をだすよりも…と勇気を出し「すみませ~ん。ここは自転車道ですよ。危ないですから歩道を歩いてくださ~い。」と追い抜きざま声をかける。やはり善男善女(o^-^o)…ほとんどの方々は「ごめんなさい」と道を譲ってくれる。しかし、途中で声をだすのに疲れてしまい「声かけ運動」は敢えなく中止とあいなったcoldsweats01

 再び旧吹上町体育館(正式名は吹上総合運動場コスモスアリーナ)前の荒川河川敷のコスモス畑にさしかかる。
P1000391
先週よりも更に色彩を増している。朝から大勢の人々が花を愛でている。しばし見惚れ時を忘れる。はっと気づき先を急ぐ。(旧)吹上町コスモス街道…名前の通り行けども行けども土手沿いにコスモスの花が尽きない。鴻巣市に合併されて「ふるさとの散歩道」となった?

P1000398

 荒川の遠く対岸の不思議な造形物(水門)を背景にコスモス、ススキ、セイタカアワダチソウが縄張り争い。今を盛りとばかりに咲き競う。
P1000424
 同じ外来種でも「秋桜」の名で愛でられるコスモス(メキシコ原産、日本には明治中頃渡来)と違い、北米原産のセイタカアワダチソウ(背高泡立草)はやっかいものだ。知らぬ間にここ数十年の間に全国の河川敷、野原、空き地、道端などいたるところに繁茂し、日本古来のススキなどの在来植物を駆逐席巻している。その名前の通り2mにおよぶ背の高さで覆い尽くし光を奪いつつ根元からcis-dehydromatricaria methyl esterという化学物質を分泌し、周囲の植物の成長を妨げるというエイリアンのような驚くべき生命力と繁殖力を持っている。若い世代では秋の風物詩として当たり前となっているようだが、浸食の顛末をつぶさに見てきた世代としてはこの黄色い花はなんとしても馴染めない

 コスモスは秋の季語として定着しているが、セイタカアワダチソウは字余りだ~と安心してはいけない。

この藤兵衛、俳句の趣味はないが、この風景を見てふと一句浮かんでしまった。
P1000430

「背伸びして故郷(ふるさと)想うかアワダチソウ

…お粗末(だれかすでに詠んでいるかも…)

かもと言えば、旧吹上町中の元荒川のたちもいつも以上に元気。P1000440
すっかり秋…。下流には白鳥やアヒルも鴨に誘われ群れ集う。

軽く六里でひき揚げ、8時過ぎに帰着。
P1000442
久しぶりに愛車SAAB93を洗車する。

お尻が鴨に似ているかも?……( ゚д゚)ポカーン…punchsweat01そういえば自転車S17にかまけて休日ドライブすっかりご無沙汰…(ガソリンもまだ高いし…現在ハイオク161円)。田舎の職場に転勤して以来虫や泥の汚れがめだつ。

 ハッチバックのこの車、荷物の収納に優れリュートはもちろん大型のアーチリュートやヴィオラ・ダ・ガンバなど数台分楽々運べるので重宝している(頼まれてコントラバスも運んだことがある)。収納に関してはバンタイプが一番なのだが馴染めない。最近このタイプの車種がほとんど見当たらなくなった今(SAAB社のラインナップからも消えてしまったcrying)、知る人ぞ知る名車SAAB(classic)900の面景を残すデザインと優れた安全性を誇るボディと中速ターボの効き抜群のこの車は大のお気に入りで当分乗り続けるつもり…。最近北欧デザインブームとも聞く。…SAAB社はスウェーデンのメーカだし…でも業績悪化のGM(OPEL)傘下なので大丈夫?

そんな心配をするまでもなく 新車購入資金がとっくに古楽器に化けてしまった藤兵衛であったsweat01

|

« バッハとリュートあれこれ(4)~新バッハ全集とリュート曲 | トップページ | バッハとリュートあれこれ(5)~ギターとバッハのリュート曲雑感 »

自転車散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517741/42835532

この記事へのトラックバック一覧です: 秋深し、藤兵衛俳句を詠み洗車する?:

« バッハとリュートあれこれ(4)~新バッハ全集とリュート曲 | トップページ | バッハとリュートあれこれ(5)~ギターとバッハのリュート曲雑感 »