« バッハとリュートあれこれ(3)~新バッハ全集とバッハ作品主題目録 | トップページ | 秋深し、藤兵衛俳句を詠み洗車する? »

バッハとリュートあれこれ(4)~新バッハ全集とリュート曲

 バッハのリュート曲は『新バッハ全集』シリーズⅤの第10巻(Klavier- und Lautenwerke)として1976年に刊行された。

『旧バッハ全集』で掲載されていたクラヴィーアや楽器不定曲であった5曲

  • 前奏曲ハ短調(BWV999)
  • 組曲ホ長調(BWV1006a)
  • 組曲ホ短調(BWV996)
  • 組曲(パルティータ)ハ短調(BWV997)
  • 前奏曲、フーガとアレグロ変ホ長調(BWV998)

未掲載の2曲

  • 組曲ト短調(BWV995)
  • フーガト短調(BWV1000)

 以上、我々が現在バッハのリュート曲としてなれ親しむ7曲(ブリューガー版でリュート曲とされた全曲)が晴れてリュート曲として認定されたのである。
Bwv995_n

Bwv996_n

Bwv997_n
Bwv998_n
Bwv999_n
Bwv1000_n_2
Bwv1006a_n_2

ご覧のようにBWV番号が付加されて見事にリュート曲としてお目見えしたのである。
譜面は原点の音部記号も冒頭に示され、BWV1000版は原典のタブラチァア譜が付記されて『旧バッハ全集』よりも進化している。

 ただし、何をもって『新バッハ全集』が採用する決定稿となしたかは、1982年刊行の同巻の『校訂報告書』による検証(研究)報告をまたねばならなかった。
P1000320
『新バッハ全集』シリーズV:第10巻(右)と同『校訂報告』 

その時点までは、権威に阿る一般の善良な愛好家は『新バッハ全集』の譜面を信じるしかなかったわけである。しかし、最大の問題は、『新バッハ全集』のこの譜面はあくまでも原典資料の検証や校訂の成果を集約した「批判版」であり、運指などを付し実際の演奏の便宜をはかる「実用版」ではないのである。お判りの通り、ピアノ(チェンバロ)譜同然の2段鍵譜を用いるところは『旧バッハ全集』と何ら変わっていない。タブラチュア化されて初めてリュートとしての実用譜となるのである。このことが一般のリュート愛好家にとって大きな障壁となって立ちはだかったのである。

  さいわいなことに、BWV1000は原典のヴァイラウホによるタブラチァア譜が浄書されて2段譜掲載こと、更に同巻『校訂報告書に』BWV995および997のタブラチァア譜資料の
ファクシミリが付録として掲載されたことである。

Bwv995_t_3
BWV995 のタブラチァア (筆写 ファルケンハーゲン?近年の説)
Musikbibliothek der Stadt Leipzig Sammlung Becker III,11,3

Bwv997_t
BWV997 のタブラチァア (筆写 ヴァイラウホ)
Musikbibliothek der Stadt Leipzig Sammlung Becker III,11,5

ただし、いずれも2次(以下)的資料なので様々な疑問や批判があがったが、実用譜としてのタブラチュアが存在していることは、これらの作品が当時現実にリュートで演奏されたことを証明している。この『校訂報告』によってバッハのリュート演奏(研究)に弾みが付くわけであるが、この改訂報告書を読めば読むほど事態は混迷してくるのである。

  あ~あ、日の出が遅いので記事を書き始めたものの、朝はやくから泥沼にはいってしまったようだ。sweat01
 校正もそこそこに気分直しに朝駆けbicycleにうって出ようとする藤兵衛であった。

|

« バッハとリュートあれこれ(3)~新バッハ全集とバッハ作品主題目録 | トップページ | 秋深し、藤兵衛俳句を詠み洗車する? »

バッハ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517741/42823408

この記事へのトラックバック一覧です: バッハとリュートあれこれ(4)~新バッハ全集とリュート曲:

« バッハとリュートあれこれ(3)~新バッハ全集とバッハ作品主題目録 | トップページ | 秋深し、藤兵衛俳句を詠み洗車する? »