« クヴァンツとゼレンカそしてバッハ? | トップページ | オランダバッハ協会のヨハネ受難曲 »

ポンポン山

 今日から待望の夏休みnotes、やっと夏風邪がぬけ平日どうどうの朝駆けbicycleに興じる。

 いつもの荒川の土手からはずれて吉見町の比企丘陵末端にあるポンポン山を訪ねる。中学生時代以来の訪問ですっかり迷う。山頂で「足を踏み下ろすとポンポンという音がする」ことが名前(通称)の由来。確か友人たちとドタバタ飛び跳ねた記憶が…その時の音は?think?。その時恐る恐る見下ろした岩石が露呈したほぼ垂直の断崖絶壁…高さ20mはあろうか?
F1000012_4  
F1000016_2
 空洞がありそれが反響するなど諸説紛々。知る人ぞ知る観光スポット。古代の磐座信仰を物語るかのように鎮守様が鎮座まします。柏手ならいざ知らず、早朝から神社の裏山で大の大人が足をポンポン踏みならすのも気がひけて写真だけとって家路につく。

  今日からお盆…迎え盆の準備が待っている…。
ポンポンnote ボンボンnote  とペダルを踏む。

ポンポン山 詳しくはこちらで紹介されている…。
何と!音も聴くことearshineができる!

     http://f1.aaa.livedoor.jp/~megalith/ponpon.html


|

« クヴァンツとゼレンカそしてバッハ? | トップページ | オランダバッハ協会のヨハネ受難曲 »

自転車散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517741/42154904

この記事へのトラックバック一覧です: ポンポン山:

« クヴァンツとゼレンカそしてバッハ? | トップページ | オランダバッハ協会のヨハネ受難曲 »