« 私の愛器~バロックリュートその1 | トップページ | リュート協奏曲~その4 ブリームの功罪 »

リュート協奏曲~その3

先日、黒羊紳士さんからコメントいただきました。

>リュート協奏曲と聴いて、
>ドイツのヴァイヒェンベルガーラドルトの名が浮かびました。

>18世紀の一時期、この種の作品が大量に書かれたらしいですが、
>ソロがリュートであるためか、
>ヴァイオリン×2に低音と云う具合に、
>少数でソロの脇を固めている編成の曲が結構あるようですね。

 情報ありがとうございました。

 佐藤豊彦さんの『華麗なる様式』のCDの解説に「ヴァイヒェンベルガーの6つの協奏曲は、ヴァイオリンとチェロをだぶらせた(中略)基本的にはソロのリュート曲といえる」とあり、このようなスタイルが当時オーストリアを中心としたドイツ語圏で流行していたようです。

 そのあと私も次のような著名な作曲家のリュート協奏曲がうかびました。

かの有名な Handel
         Concerto per il Liuto e l'Harpa
              オラトリオ「アレクサンダーの饗宴」で使用   
              Op.4-6  Organ(Harp) Concerto B-durの別稿
                       (あの有名なハープ協奏曲)    
バッハの弟子 Johann Ludwig Krebs
           F-durとC-durのリュート協奏曲 その他? 詳細不明

 このヘンデルのハープ(オルガン)協奏曲もヴィオラが無く、ヴァイオリンⅠとⅡにはFlauto e Violino con sordini  の指定があります。ヴィオラパートを省くのは、音量の関係だけでなく、リュートとヴィオラの音域の重複をさけたのかもしれませんね。また、確かフルートかオーボエパートがついていたようなリュート協奏曲があったような気もしますが思い出せません。sweat02
 そういえば昔、ブリームがこのヘンデルの協奏曲を録音していましたっけ。お~棚からLPを発掘するのになんか時間がかかりそう…sweat01。それよりも明日は埼玉県越谷市(奥清秀さんの工房の所在地)に出張なのでそちらの準備にいそしまん。run

|

« 私の愛器~バロックリュートその1 | トップページ | リュート協奏曲~その4 ブリームの功罪 »

リュート」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

クレブスの作品は知っていましたが、
ヘンデルにリュートの曲があったとは知りませんでした。

使用するリュートは、
ヘンデルがイギリスで活動していた事を考えると
アーチリュートだったのでしょうか?
それともオール複弦12コースリュート?
とても興味深いですね。

投稿: 黒羊紳士 | 2008年7月15日 (火) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517741/41837110

この記事へのトラックバック一覧です: リュート協奏曲~その3:

« 私の愛器~バロックリュートその1 | トップページ | リュート協奏曲~その4 ブリームの功罪 »